キャッシング

お金を借りることのリスクと責任

キャッシングを利用するにあたり、もちろんきちんと返済することが重要ですが、うっかり入金を忘れてしまったり、また事情がありどうしてもお金の都合がつかない場合など、返済日までに返済ができないと延滞となってしまいます。

 

例えうっかり忘れてしまい、あわててすぐに入金したとしても、遅延は遅延となり遅延損害金が発生します。それを払い、完済できればよいというわけではなく、延滞してしまうと個人信用情報という日本にある多くの金融機関が共通して利用している記録に残ってしまい、今後他のキャッシングを利用する際に審査を通過できなかったり、限度額が低くなってしまうことも考えられます。

 

お金を借りるということは、それだけ大きな責任を背負っていますので、その個人信用情報に記録されなかったとしても、キャッシング会社からその系列の銀行などにも情報が共有され、その銀行からも融資を拒否されてしまったりという可能性も出てきてしまいます。

 

このようにキャッシングを利用するにあたっては延滞に十分注意することがまず重要ですが、万一延滞してしまった場合はキャッシング会社に電話してしっかりと誠意を見せること、そして返済計画を見直し反省することが必要です。

 

ちなみに、返済状況や利用状況などにあたる信用情報については、個人でも調べることが可能です。信用情報機関のホームページ上から「情報開示手続き」が出来ますので、手順に従って手続きを進めると各社が審査の際に見ているような自分自身の信用情報を見ることが出来るのです。

 

僅かな費用がかかりますが、そこまで高いものでもないので、審査にどうしても通らない、返済が遅れてしまったので信用情報を見てみたい方は確認をしてみると良いでしょう。