キャッシング

カードローンは無職・専業主婦でも利用できる?

カードローンの利用条件は、20歳以上で収入があること、となっています。これはほとんどのローンに共通することであり、無職・専業主婦といった方は本来利用できません。バイト・パートなどで収入があれば審査対象とはなりますが、無収入だと返済できないので借りられないのです。

 

ただし、一部の銀行カードローンは配偶者が20歳以上で安定収入があれば融資してくれるところもあります。この場合、配偶者の年収を示す書類が必要となりますので、収入証明書を用意しておきましょう。自身が有職の場合は、ある程度の借入額までは収入証明不要で申し込みできる場合が多いですが、無職・専業主婦の方は少額融資の場合も、配偶者の収入証明は用意しておくべきです。

 

この場合、実質的に配偶者がローンを組むことになりますので、事前に話は通しておいたほうがいいです。

 

カードローンの利用は、自身の収入の範囲で、他人に影響を与えることなく返済できるならば、家族に知らせる必要はありませんが、家計に影響するような場合は、家族全員に話しておいたほうがいいのです。全員が同意してくれれば、節約にも積極的になってくれるでしょう。節約をしてムダを省いていけば、早くローン返済を終わらせることができるのです。